CADIAX4








新着情報

2017年5月11日
~本院(中町)の5月休診日のお知らせ~
5/14(日)午後の診療および、21(日)、28(日)、30(火)は休診とさせていただきます。三宿院は通常通り診療致します。
2017年4月17日
4/18よりいい歯の日のキャンペーンが始まります!詳しくはこちら>>
2017年4月11日
~GWのお知らせ~
4/29(土・祝)~5/5(金・祝)まで両院ともに休診とさせていただきます。
2016年11月30日
~12月休診日のお知らせ~
12/3(土)、4(日)、24(土)の一般診療は休診とさせていただき、窓口および電話受付は18時まで行います。12/23(金・祝)、25(日)および、12/29(木)午後~1/3(火)までは休診とさせていただきます。
2016年10月30日
~11月休診日のお知らせ~
11/3(木・祝)、23(水・祝)、27(日)は両院ともに休診とさせていただきます。
2016年9月29日
~10月の休診日のご案内~
中町院、三宿院の両院長の米国口腔インプラント学会参加にともない、10月の診療日は変則となっておりますので、ご注意ください。中町院は祝日のみ、三宿院は日曜日と祝日がいつもどおり休診となり、その他で、下記が休診となります。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
10/8(土)三宿:一般診療休診(電話・窓口受付18時まで)、9(日)中町:一般診療休診(電話・窓口受付のみ)、26(水)~28(金)中町:一般診療休診(電話・窓口受付のみ)、29(土)両院:一般診療休診(電話・窓口受付18時まで)、30(日)両院:休診、31(月)一般診療休診(電話・窓口受付のみ)
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
Media

別冊家庭画報 ときめき2016春号
に紹介されました!
あなたに合った歯医者さん2016


あなたに合った歯医者さん2016
に紹介されました!
あなたに合った歯医者さん2016


雑誌「VOCE1月号」
に紹介されました!
雑誌「VOCE1月号」


雑誌「東京ドクター2016」
に紹介されました!
美的


雑誌「美的(小学館発刊)」12月号
に紹介されました!
美的


雑誌「頼れるドクター 田園都市 2015-2016版」
に紹介されました!


雑誌「いい歯医者2015」
に紹介されました!


【再放送が決定いたしました!!!】

2011年12月に小原澤院長がゲストドクターとして出演しましたテレビ神奈川の「水上治の健康増進バイブル」が再放送されます♪

【再放送情報】
 3月5日(火) 午前9時~9時30分
 テレビ神奈川(TVK)
「健康増進バイブル『健康は腸内環境で決まる!』」

ぜひ番組全体を通じて腸内環境を良くすることがいかに大切なのかを知っていただきたいですね。お時間ある方はぜひ、ご覧ください( ´ ▽ ` )ノ。

☆院長のインタビュー箇所のみは現在も当院のHPよりご覧いただけます。
→ http://www.nobudental.jp/health.html#title10


雑誌「よくわかる歯科治療2015」
に紹介されました!

雑誌「東京MYBestDoctor」
に紹介されました!


雑誌「歯科最前線2015」
に紹介されました!






HOME > 食いしばりの症状

食いしばりの症状

●歯や詰め物が割れる
自分の体重の5~10倍の力がかかることで、歯や詰め物がすぐに破壊されてしまいます。

●骨隆起
咬みしめをよくする人の多くに歯ぐきの隆起が見られます。下アゴの裏側や上アゴの中央に出る人が多いようです。その名のとおり骨が隆起したもので、病気ではありません。強い力に耐えるために加骨され、骨が太くなり、隆起しているのです。

●頬・舌粘膜の圧痕
いつも上下の歯をかみ合わせているので、ほほの内側や下の横に白っぽい歯型の跡がついています。
奥の歯がとても短くなっている
咬みしめをする人によく見られるのが、奥歯の歯の高さが短くなっていることです。

●歯の破損
咬みしめ型の人は、歯に圧力が集中したときに破損を起こしやすくなります。

●歯の動揺
写真のように指をあてて、横にギリギリやってみましょう。動揺している歯があれば、指で動きを感じることができます。

●咀嚼筋(咬むときに動く筋肉のこわばり)
これらの筋肉にこわばりや痛みを生じます。ゆびで押さえると痛みを感じる場合があります。
肩こりや頭痛
咬みしめ型の人は高頻度で肩こりや頭痛を併発しています。

食いしばりなどの咬む力が強いと知覚過敏になりやすい

咬む力が強くなると、歯がしなり、歯の根元の部分に大きな力が加わり、歯に1000分の1ミリのマイクロホールという小さな穴が開いてきます。
そのマイクロホールが500本、1000本と増えていくと、その穴と穴がつながって、大きくなり、マイクロクラックというヒビに変わります。

そうすると硬い歯質もボロボロととれてなくなってしまい、その部分にウエッジシェークドディフェクトというクサビ状欠損ができます。そこがしみて知覚過敏になるのです。歯の根元の部分がしみる方は要注意です。

食いしばりなどの咬む力が強いとむし歯になりやすい

虫歯の直接的な原因って何だと思いますか?

・甘いものが原因・・・?
・虫歯菌が原因・・・?
・歯磨きができていないから・・・?
・歯医者さんに通っていないから・・・?

たしかにどれも歯に悪いことですが、上記4点のみで虫歯ができてしまうわけではありません。

とある実験が過去に行われました。虫歯はなぜできるのか?ということを解明するための実験ですが、健康な歯に唾液と継続的にかけ、さらにそこに虫歯菌(ミュータンス菌)と砂糖を定期的に付着させ、これを何度も何日間も繰り返す実験です。その結果、虫歯はできていたのでしょうか?

答えは・・・「NO」、虫歯はできていませんでした。歯質はやわらかくなっているものの、虫歯にはなっていなかったのです。では、上記4点になにを足したら虫歯ができるのでしょうか?

答えは・・・「咬むこと」だったのです。食事の際の酸や、虫歯菌によってやわらかくなった歯に咬む力が加わることによって、局所的に歯に穴があき、そこから虫歯ができるのです。ということは、咬む力が強ければ強いほど、大きな穴が空き、虫歯になりやすいということです。

「食いしばりの原因」をチェック>>

関連ページ

食いしばりと筋肉>> 食いしばりの本当の原因>> 食いしばりの治療法>>


 
ページTOPへ