マウスピース・咬合治療|顎関節症・咬み合わせ専門歯科医院HP

【中町院】改装工事に伴う一時休診のお知らせ(2023年3月9日より)

  • 銀座院03-3572-4618
  • 中町院03-5760-4618
  • 三宿院03-3487-4618

マウスピース・咬合治療

顎関節症・噛み合わせの不調にはマウスピース・咬合治療

マウスピース・咬合治療

顎関節症や歯ぎしり・食いしばりなどの噛み合わせの不調を改善するための一般的な治療法といえば、マウスピース治療(スプリント療法)や補綴物や矯正による咬合治療です。こちらではマウスピース治療(スプリント療法)や咬合治療について詳しく解説いたします。

マウスピース(スプリント)治療の目的・効果について

マウスピース(スプリント)治療

顎関節症の原因ともなる就寝中の歯ぎしりや食いしばりは、噛み合わせの異常やストレスから起こります。就寝中という無意識下で起こるため、歯にかかる負担は食事の際の約2倍と大きなものになります。マウスピース治療(スプリント療法)は、就寝時に専用のマウスピースを装着し、歯への負担を軽減すると共に顎関節症の緩和を目指します。

マウスピースで噛み合わせを高く調整する

歯ぎしり・食いしばり・顎関節症の治療で使用するマウスピースはいくつかの種類があります。基本的には上顎・下顎のどちらかにマウスピースを装着して、噛み合わせを全体的に高くしてあげることによって、咬合接触の異常・顎関節の痛みや咀嚼筋の緊張を緩和します。

就寝中の歯ぎしりや食いしばりを防止する

就寝中は無意識下で歯ぎしりや食いしばりが起こるため、顎骨や顎関節、歯に大きな負担がかかります。就寝時にマウスピースを着用して噛み合わせを高くすることによって、歯ぎしりや食いしばりの減少をはじめ、顎骨や顎関節、歯への負担が軽減され、歯のすり減りや欠け、顎関節症の症状が緩和・改善されます。

咬合治療の目的・効果について

咬合治療の目的・効果

噛み合わせが悪いと歯ぎしり・食いしばり・顎関節症など、歯やお口だけの問題だけに留まらず、肩こりや頭痛など全身の健康状態にも悪影響が及ぶ可能性があります。

歯ぎしり・食いしばり・顎関節症に対して実施する咬合治療とは、マウスピース(スプリント)治療で症状が落ち着いて来た際、噛み合わせを検査し、上下の歯を噛み合わせた状態と上下の歯を噛み合わせた状態で下顎を左右に動かした時の顎関節の位置を補正します。歯が欠損していたり、つめ物・かぶせ物が原因で噛み合わせが悪くなっている場合は、必要な処置を実施して歯や顎骨、顎関節への負担を緩和します。

銀座・世田谷(中町・三宿)でマウスピース/咬合治療なら当院へ

銀座・世田谷(中町・三宿)でマウスピース/咬合治療

当院(銀座6丁目のぶデジタル歯科・のぶデンタルクリニック三宿・のぶデンタルクリニック中町)では、顎関節症・歯ぎしり・食いしばりの緩和・改善に力を入れております。精密な診査・診断結果を考慮し、一人ひとりに合ったマウスピース/咬合治療をご提案いたします。銀座・世田谷(中町・三宿)でマウスピース/咬合治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る