左側の片頭痛、左側の肩こりを顎関節症治療で改善|顎関節症・咬み合わせ専門歯科医院HP

  • 銀座院03-3572-4618
  • 中町院03-5760-4618
  • 三宿院03-3487-4618

左側の片頭痛、左側の肩こりを顎関節症治療で改善

咬み合わせが原因で左側の片頭痛、左側の肩こりがある(40代女性)

左側の片頭痛、左側の肩こりを顎関節症治療で改善した症例

左側の片頭痛、口を開いた時の顎関節の痛み、左側の肩こりの主訴にて来院された患者さまです。

以前に矯正治療の経験あり。顔の中心より下顎が左側にずれており、左下奥歯が欠損している状態でした。噛み合わせの検査を行い、正しい噛み合わせにするために、下顎を右側に誘導して噛み合わせの高さを改善、また、欠損していた左下奥歯にはインプラント治療を行いました。

結果、上下の真ん中が揃い、噛み合わせの高さが改善されたことにより、左側にあった肩こりや偏頭痛は改善され、よく噛めるようになりました。左足にあった魚の目も改善したとの事です。

年齢・性別 40代 女性
主訴 左側の片頭痛、口を開いた時の顎関節の痛み、左側の肩こり
治療期間 約1年
治療回数 約20回
治療費 約1,320,000円(税込)
リスク 噛み合わせの変化による一時的な咀嚼障害、セラミックの破折、後戻り

トップへ戻る